Dmailとは?買い方も解説します!

仮想通貨全般
かな
かな

Dmailって知ってる?Web3.0の新しいサービスらしいよ!

とみー
とみー

今までのメールより便利だし、今後のメールの主流になるかもね。

Dmailとは?

分散型メールサービス

Dmailとは、Dfinityという次世代インフラを使用したメールサービスです。現在のメールサービスで有名なのは、GoogleのGmailです。

DmailとGmailの大きな違いは「中央集権か否か」です。GmailはGoogleという中央集権的な企業が提供しているため、Googleから「使ってはいけない」という命令が出ると、Gmailは使えません。

実際に、15年使っていたGoogleアカウントが突然BANされ、Gmailが使えなくなった事例もあります。しかも、何の前触れもなくBANされたそうです。(BANされた本人が書かれた記事がこちら

このように、Googleから突然利用を停止されると、Gmailも使えなくなってしまいます。しかし、Dmailは分散型であるため規制がされずできず、どんな場面でも使うことができます。

個人情報を抜き取られない

Dmailでは個人情報を抜き取られる心配がありません。Gmailの場合、Googleが利用者の情報を分析し広告を配信しています。つまり、Googleは私達に合った広告を出すために、日々情報を抜き取っているということです。

GmailはGoogleが運営しているため、利用している私達の情報を抜き取り放題です。しかし、Dmailでは各利用者に「データの所有権」が認められているので、他人が自分のデータに介入することは絶対にありません。

メールで送金が可能

Dmailにはウォレット機能が備わっており、メールを送ると同時にお金やNFTの送信ができます。今まではメールを送る作業に加え、相手の口座情報を聞きお金を振り込む必要がありました。しかし、Dmailではメールで直接お金のやり取りが可能になります。

Dmailの買い方

結論:USDTを使って購入しよう!

ドメインを入力

まず、Dmaiの公式サイトにアクセスし、自分が取得したいドメインを入力します。

現在は4-7文字のドメインが解放されています。

ドメインを購入する

次に、購入ホームへ移動します。

自分のウォレットを接続しましょう。

支払い方法を選びます。今回はUSDTで解説します。

自分のウォレット内にUSDTが必要分入っているかを確認し、支払いを済ませます。

NFTを受け取る

支払いが完了後、NFTを受け取る手続きに進みます。右の「Receive NFT」と書かれたオレンジのボタンをクリックしましょう。

Plug Walletを取得する

NFTを受け取るには、「Plug Wallet」が必要になります。Plug WalletはDfinity用のウォレットです。メタマスクでは受け取れません。まずは、Plugをインストールしましょう。

次に、「create wallet」を選択します。

次にバックアップの際に必要になるコードが出てきますので、必ず保管しておきましょう。

こちらの画面になりますので、しばらく待ちます。

これでウォレットの準備は完了です!

次に、右上のアイコンをクリックすると「principal ID」が出てきますので、コピーします。

再び戻って、「Receive NFT」に先程コピーしたコードを入力します。

これで、Dmailのアドレス購入、NFT入手が完了です!

まとめ

Dmailは買えましたか?

Dmailは、これからのメールの常識を変える新しいサービスです。

まだメインネットのリリースがされていないので、今後の動きに注目ですね!

スポンサーリンク
かな
この記事を書いた人

ライバーハウス株式会社 取締役副社長兼xWINメディア担当部長

Follow me
仮想通貨全般
スポンサーリンク
Follow me
スポンサーリンク
Tommy's Blog
タイトルとURLをコピーしました