JPYC→Vプリカ→楽天ペイに変換する方法を解説します!

お金
かな
かな

とみーは楽天経済圏民だよね?

とみー
とみー

そうだよ!楽天ペイが使えると嬉しいな!

かな
かな

今回は、JPYCから楽天ペイにする方法を解説するよ!

JPYCからVプリカにする方法

まずは、JPYCをVプリカにします。

JPYCの公式サイトにアクセス

ギフト券をクリックします。

交換先を選択

Vプリカギフトを選択します。

フォームを入力

順番に必要な情報を入力していきます。

Vプリカに交換できるのは、1万円、5万円、10万円のみになるので、最低でも10,000JPYCが必要になります。

Vプリカはニックネームでも使用可能です。

ただ、JPYCのフォームでは、本名の漢字とフリガナを入力する必要があります。

JPYCを送金する

ETHアドレスにJPYCを送金します。

アドレスは、Ethereum、Polygon、xDaiのメインネットに対応しているので、この3つのネットワークからなら送金することが可能です。

例えば、分散型ブログHIDEなら、Polygonになるので、1万JPYCたまったらVプリカにするとかでもいいですね。

着金すると、【Vプリカギフト】着金確認完了のお知らせというメールが送られてきます。金額とトランザクションを確認することができます。

Vプリカが届くのを待つ

通常5営業日とのことですが、結構早く届くようです。私は翌日に届きました。

Vプリカギフトのコードが届きました。という件名で、Vプリカのコード情報が届きます。

Vプリカギフトのカード情報確認画面にアクセスして、認証番号、カード番号下4桁を入力すると、Vプリカのカード番号を確認することができます。

これでVプリカが使えるようになりました!

Vプリカを楽天ペイに登録する方法

楽天ペイのアプリを開きましょう。
ログインしていない方は、先にログインしておきます。

「お支払い元」をタップします。

「新しいカード」を登録をタップします。

ログインして、クレジットカード情報の確認・変更をタップします。

「新規カード情報の追加」をタップします。

Vプリカのカード情報を入力しましょう。

カード会社は、「VISA」になります。

尿力ができたら、「以下の規約に同意して入力内容を確認する」をタップします。

内容に問題なければ、これで追加完了です!

追加したカードをお支払い元として設定することで、楽天ペイでつかえます!!

まとめ

今回は、JPYCを楽天ペイにして使う方法を解説しました。

やり方さえ覚えてしまえば結構簡単ですよね!

かな
かな

仮想通貨の利益で美味しいご飯でもテイクアウトしちゃおう

スポンサーリンク
この記事を書いた人

28歳 女
薬剤師をやめて専業の仮想通貨投資家へ。
2019年から仮想通貨投資を始めて、運用資産は900万(2021年5月)

Follow me
お金仮想通貨全般
スポンサーリンク
Follow me
スポンサーリンク
Tommy's Blog
タイトルとURLをコピーしました