MATIC(マティック)はどんな仮想通貨?Polygon(ポリゴン)の使い方解説!

Polygon

仮想通貨MATIC(マティック)、Polygon(ポリゴン)の特徴

Polygon(ポリゴン)とは?

2017年にMatic(マティック)という名称で始まったプロジェクトで、2021年2月に、リブランディングのため、Polygon(ポリゴン)とプロジェクト名が変わりました。仮想通貨(トークン)は、MATIC(マティック)のままなので、ややこしいですね。

Polygonは、イーサリアムネットワーク上で作られたサイドチェーンで、処理も早く、手数料も安く抑えることができます

DeFi運用をしていくにあたって、手数料が高いことは死活問題なので、Polygonは今注目のプロジェクトです。

仮想通貨MATIC(マティック)とは?

Matic(マティック)のプロジェクトでは、スケーラビリティの解決を目的の一つとして開発されていました。

しかし、Polygon(ポリゴン)としてリブランディングし、他のサイドチェーンやレイヤー2などの連携をしやすくするなど、プロジェクトが目指すゴールを広げています。

高利回りで運用できる通貨ペアが人気

ステーブルコインのIRON(アイアン)をご存知ですか?

PolygonでIRON-USDCのペアでファーミングすると、とてつもない高利回りを出すことができると話題の通貨です。

通常ステーブルコイン同士の通貨ペアは、利回りが低いのですが、このIRON-USDCのペアは、インパーマネントロスのリスクも抑えて、高利回りを出すことができます。

そのおかげもあってPolygon、Maticへの関心度が高まっている状況です。

かな
かな

話題になっている通貨は、これから価値も上がる可能性があるし、注目ですね!

仮想通貨MATIC(マティック)の買い方

MetaMaskの設定

MetaMaskにPolygonのネットワーク設定を追加する必要があります。

パソコンの場合

自動で簡単に設定することができるので、下記の手順で設定を完了させてください。

まず、https://chainlist.org/にアクセスします。

次に「Connect Wallet」でウォレットを接続します。

Search Networks のところで、「MATIC」と検索してください。

Matic Mainnet の「Add to Metamask」をクリックして承認すると設定は完了です。

スマホの場合

手動で設定します。

左上のメニューバーから、「設定」をタップ。

「ネットワーク」をタップ。

「ネットワークの追加」をタップ。

画像のように入力して「追加」をクリックします。

下記コピペ用です。

  • Network Name: Matic Mainnet
  • New RPC URL: https://rpc-mainnet.matic.network
  • Chain ID: 137
  • Symbol: MATIC
  • Block Explorer URL:https://explorer.matic.network/

これでMatic networkの設定ができました!

MATICの購入

まず、Uniswapにアクセスします。

次に、ウォレットに接続します。

交換したいトークンを選びます。

MATICと検索して、「インポート」をクリック。

交換したい数量をETHに入力します。ETHのガス代がかかるので、全額交換しないように注意しましょう。

ETHをMATICにスワップ(交換)します。

「スワップの確認」を押します。

その後、「MATICを追加」と出るのでクリックしておきましょう。ウォレットでMATICの数量を確認するために必要です。

Polygon(ポリゴン)の使い方

Polygonを使うためには、MATICを用意する必要があります。

そこで、先ほどスワップしたMATICをPolygonに送ります。

※Uniswapで購入したMATICは、イーサリアムのネットワーク上にあるため、Maticのネットワークに送る必要があります。

Matic Web Walletにアクセス

ウォレットを接続します。接続ができたら、下記のような画面になるので、右上の「Apps」から「Matic Bridge」をクリックします。「Matic Brige」(Polygon Bridge)でMATICを送ります。

Matic Bridge(Polygon Bridge)でMaticのネットワークに送金

https://wallet.matic.network/bridge/

From側がEthereum、トークンが「Ether」の状態になっているので、「Matic Token」に変更します。

Polygonに送りたい数量を入力して、「Transfer」をクリックします。

4回ほど確認画面が出てくるので、内容をみて「Continue」をクリックしましょう。

Matic側に反映されるまでには少し時間がかかります。

着金を確認して完了です!

スポンサーリンク
この記事を書いた人

28歳 女
薬剤師をやめて専業の仮想通貨投資家へ。
2019年から仮想通貨投資を始めて、運用資産は900万(2021年5月)

Follow me
Polygon仮想通貨全般
スポンサーリンク
Follow me
スポンサーリンク
Tommy's Blog
タイトルとURLをコピーしました