【仮想通貨】TRON(トロン)を解説!〜デジタルコンテンツを配信・保存・所有できるブロックチェーンプラットフォーム〜

仮想通貨全般

トロンは2021年3月17日に国内で初めて取り扱いが開始された仮想通貨です。

現在購入できる国内の取引所はビットポイントだけになっています。

国内で上場されたばかりのトロンですが、どんな仮想通貨なのかご存知ですか?

かな
かな

購入前にしっかり学んでから投資をしましょう!

この記事を読むべき人

・TRON(トロン)の購入を考えている

・どんな仮想通貨なのか知りたい

・TRON(トロン)の買い方を知りたい

TRON(トロン)ってどんな仮想通貨?

https://tron.network/index?lng=jap

トロンは、デジタルコンテンツを配信・保存・所有できるブロックチェーンプラットフォーム

デジタルコンテンツを配信できるサービスは、さまざまあります。

例えば、Youtubeでは映像や音声をコンテンツして配信することできますが、コンテンツを管理しているのは、Youtubeです。

中央集権的なプラットフォームは、運営側に手数料をとられたり個人情報の流出サーバーダウンの可能性など、様々な問題があります。

それを改善したのが、分散型のプラットフォームです。

分散型(非中央集権型)のプラットフォーム

トロンは、中央集権的なプラットフォームの問題を解決するために、ブロックチェーン技術をつかって、分散型のプラットフォームを作りました。

このことにより、ユーザーとクリエイターを直接繋いだり広告以外の方法での収益化も可能になります。

DApps(分散型アプリ)を開発・利用できる

DApps(分散型アプリ)とは、ブロックチェーンをつかって、管理者を必要としないサービスやゲームを提供するアプリケーションのことです。

トロンのアプリストア「DApp Store」では、トロンを基盤にして開発されたDAppsが数多く配信されています。

とみー
とみー

これからブロックチェーンを使ったアプリが数多く出てくることを考えると、トロンも価値が上がっていくのではないかと予想できますね。



TRON(トロン)の買い方・購入方法

トロンは、国内、海外の取引所で取り扱われています。

国内では、ビットポイントのみで購入が可能です。

海外の取引所は、日本の法律の所管外でリスクが伴うので、初心者の方には推奨しません。

公式サイトBIT Point(ビットポイント)
取扱通貨ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、
ライトコイン、リップル、ベーシックアテンショントークン、トロン
最低取引額買い注文は500円以上、売注文は通貨ごとの最低取引単位以上
提供サービス現物取引
レバレッジ取引     
仮想通貨貸借サービス

トロンの購入を考えている人は、まず口座開設(無料)をしてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

28歳 女
薬剤師をやめて専業の仮想通貨投資家へ。
2019年から仮想通貨投資を始めて、運用資産は900万(2021年5月)

Follow me
仮想通貨全般
スポンサーリンク
Follow me
スポンサーリンク
Tommy's Blog
タイトルとURLをコピーしました